性病検査ガイド

自分でも出来る性病検査

性病への感染ですが、これは不特定多数の人に対して無計画あるいは衝動的に性行為等をした事に因って起こるものです。
性病についてですが、性行為をする際に性器部が痛む、尻部に痛みを伴わない痔が発症する、というものが典型的とされています。

 

性病というと、毛じらみだとか、梅毒も該当します。性病に感染しないためには、性行為をする前には入念に身体を洗うこと、うがい薬で念入りにうがいをすること、を遵守しなければなりません。

 

風俗店で働くコンパニオンの場合、衛生管理は特に大事とされています。
風俗店では、衛生管理を怠れば風営法に基く厳重処分が科されることになるので、指導はとにかく徹底しているのが実情となります。

 

性病に感染してしまった場合、医療機関で検査をすることが可能となっています。
泌尿器科や皮膚科が男女不問で性病検査を行ってくれています。

 

女性の場合、この二つの受診科目が有る医療機関だけでなく、婦人科でも行うことが可能となっています。

 

少なくとも、女性の場合は婦人科を訪れて性病検査をした方が無難となるでしょう。
婦人科であれば、男性は利用しないので気軽に且つプライバシーに配慮しながらの検査が可能となります。

 

ただ、医療機関で性病の検査をする場合、予め予約を入れておいた方が無難となるでしょう。
何の連絡も無くいきなり性病検査ができるかどうかの相談をするのは好ましくなく、周囲に人が多くいれば恥ずかしいことになるでしょう。

 

性病についてですが、自分で検査キットを購入して行うことも可能となっています。
検査キットですが、一万円以下の価格で販売されています。
詳しくはこちらを参考。性病検査キット徹底比較サイト!迷わない安心の検査キット

 

また、ネット上で申し込みをして購入することが可能となっています。
性病で、特に厄介となるのがB型肝炎に罹患していないかどうか、ということです。

 

この傷病は、黄疸(身体や目が黄色っぽくなる症状)や全身倦怠感が続いている場合、濃い色の尿が出る、あるいはインフルエンザのような症状が出ている、という症状が在ります。

 

なお、インフルエンザのような症状とは、エイズに罹患しているかもしれないというサインとなりますので、医療機関を受診する際は医師に詳細を伝えていかなければなりません。

 

また、性行為を無計画且つ衝動的に行った場合、子宮頸がん等に罹患することも在ります。

 

このガンは、性行為をする際に、不衛生な状態で行う場合にウイルスに感染して癌を発症することなので、原因が特定されている癌ですが、性行為をする際に計画的に行えば罹患するリスクは軽減されることになっています。

 

 

テーマが性病というコトで、昔の体験談を。
結論から言いますと、病気にはかかってなかったのですが、20代の頃ひょんな知り合いと一夜限りの関係に。

 

相手は彼氏がいたのですが、出張族でその合間に男女の関係に鳴りました。
その時限りで、その後は連絡をとってなかったのですが、1ヶ月後くらいに突然連絡があり。「淋病になったわ」との話

 

え…!?と思いつつ話を聞くと。彼氏が淋病になったらしく、自分も病院へ行くと病気だったらしい。
彼氏はひと月半前くらいからかかっていたらしく、現在治療中とのコト。
親切心から、病院行った方がいいよとの連絡でした。そして翌日に行くことを決めました。

 

泌尿器科は初めてだったので、少しドキドキと恥ずかしさが混じった複雑な気持ちで。受付で「淋病かもしれないので検査に来ました」受けつけの娘が若く恥ずかしかったのですが。

 

まあ向こうは仕事で日常茶飯事。尿検査のカップを渡され、検尿のためトイレへ。
問診票の記載事項に、症状の有無や心当たり等を記載して診察へ。
先生より、結論から言うと感染していないとの。ホッと胸をなでおろし安堵感でいっぱいになりました。

 

知り合いがカンジタにかかり、陰毛を全剃りされて恥ずかしかった話などを聞いてたんでよかったと。
心当たりの日から日数も経っているし、痛みなどの症状もないコトから大丈夫とお墨付きをいただきました。

 

参考までに梅毒とかも大丈夫かどうか聞いたところ、もしかかってたら痛くてトイレも出来ないと一笑されてしまいました。

 

まず大丈夫と思いますが、もし何かあったらすぐ来てくださいというコトで薬もなく診察のみで終わりました。

 

当たり前と言ってはなんですが、不特定多数の相手との性行為はオススメしないですよ。避妊具も重要ですのでお気をつけて。のひと言は若いおバカだった私には心にしみました。

 

結果何も病気にはかかっていなかったのでよかったのですが、気づかないで放置していたらと思うとゾッとします。

 

 

 

性病は、誰が持っているか分からない病気です。
ですから、どんな経路で、どんな人から移るか分からない病気なのです。

 

ですから、最近不特定の人と、特別な関係を持つことがあったような人は、誰でも性病にかかっている恐れがあるということを自覚しましょう。

 

もしも、自分が性病になっていて、それに気づかずに、大事な人に性病を移すようなことがあっては、大事な人を失うことになりかねません。そして大事な人を傷つけてしまいます。

 

ですから、性病になっていることを知らずに、普通に生活をしてしまうと、後で、取り返しのつかない事態になる可能性がある、ということを考えることが大切なのです。

 

そのためにも、最近、感染の危険があった人は少しでも早めに、自分の体が大丈夫なのか知りたいものです。

 

そのためにも、ネットでも買うことが出きる、性病の検査キットを使うことをおススメします。

 

ネットでの購入なら、誰にも知られずに、性病の検査をすることが出来ます。
仕事で病院に行くことが出来ない人でも、簡単に購入することが可能です。

 

ですから、心配だと思ったら、すぐに病院に行くか、病院になかなか行けないような人は、検査キットを手にいれましょう。一番大事なことは、早めの性病の治療を始めることです。

 

治療を始める前には、性病にかかっているのか知ることが大切になってきます。
検査キットは、いろいろな種類があります。

 

性病の種類がある程度分かっていれば、その性病にあった検査キットを購入すれば良いのですが、漠然とただ性病にかかっていないか知りたい、という人のために、すべてまとめて調べられるような性病キットもあります。

 

ですから、まとめて調べられるような検査キットなら、
一つ買うだけで安心が買えるので、一番おススメの検査キットと言えるでしょう。

 

性病は、知らずにいると自分の体を知らず知らずに痛めつけている怖い病気です。
ですから、早期発見をして、早期治療をして、安心した生活が送れるようにしましょう。

 

 

HIVはヒト免疫不全ウイルスと言われていて、Tリンパ球やマクロファージなどに感染するウイスルなのです。

 

このウイルスが感染し、発症すると、ヒトの免疫に大切な細胞がどんどん壊されていき、普段は感染しないものにも簡単に感染し、いろいろな病気を発症するのです。
こんな症状が起きると、エイズ(後天性免疫不全症候群)と診断されるのです。

 

エイズは傷口のない皮膚からは感染することがなく、性的感染や血液感染、母子感染で感染するのです。

 

中でも性的感染で感染するのが最も多いとされています。
男女の性行為でも感染しやすいのですが、男性同士の性行為の方が感染する確率が高いとも言われています。

 

血液感染や母子感染なども、厳しくチェックされています。
母子感染で必ずエイズになると言うわけではありません。
エイズの人が出産をしても健康な赤ちゃんが生まれることもあるのです。

 

HIVの感染を予防するためにも、避妊はしっかりとしなければいけません。
HIVに感染してから発症するまでの期間も人それぞれに違ってきます。

 

すぐに発症する場合もあれば、10年以上発症しない人もいます。
発症すると、日ごろかかることのないいろいろな病気にかかりやすくなるのです。

 

HIVの治療には早期の発見がすごく重要になります。
無症候期に発見することができれば、発症を防ぐこともできるのです。

 

エイズが発症してしまってからの治療よりも、発症する前から治療を受けていたほうが効果は高いです。
そして、エイズが発症してから治療をぜんぜん受けていない人は予後2,3年と言われています。それよりも早い人もいるのです。

 

治療は継続する必要がありますが、治療薬が必ずしも体に合うというわけでもないので、その点も注意しなければいけません。

 

多くのヒトはエイズになると、近くにいるだけで感染するという間違った知識を持つ人も多く、エイズになった人を嫌がって近づかないと言った事実もあるのです。
エイズに感染されていない人にも、エイズについての知識はしっかりと知る必要があるのです。