エイズ 症状 治療

エイズとはどんな病気なの?症状や治療について説明

HIVはヒト免疫不全ウイルスと言われていて、Tリンパ球やマクロファージなどに感染するウイスルなのです。

 

このウイルスが感染し、発症すると、ヒトの免疫に大切な細胞がどんどん壊されていき、普段は感染しないものにも簡単に感染し、いろいろな病気を発症するのです。
こんな症状が起きると、エイズ(後天性免疫不全症候群)と診断されるのです。

 

エイズは傷口のない皮膚からは感染することがなく、性的感染や血液感染、母子感染で感染するのです。

 

中でも性的感染で感染するのが最も多いとされています。
男女の性行為でも感染しやすいのですが、男性同士の性行為の方が感染する確率が高いとも言われています。

 

血液感染や母子感染なども、厳しくチェックされています。
母子感染で必ずエイズになると言うわけではありません。
エイズの人が出産をしても健康な赤ちゃんが生まれることもあるのです。

 

HIVの感染を予防するためにも、避妊はしっかりとしなければいけません。
HIVに感染してから発症するまでの期間も人それぞれに違ってきます。

 

すぐに発症する場合もあれば、10年以上発症しない人もいます。
発症すると、日ごろかかることのないいろいろな病気にかかりやすくなるのです。

 

HIVの治療には早期の発見がすごく重要になります。
無症候期に発見することができれば、発症を防ぐこともできるのです。

 

エイズが発症してしまってからの治療よりも、発症する前から治療を受けていたほうが効果は高いです。
そして、エイズが発症してから治療をぜんぜん受けていない人は予後2,3年と言われています。それよりも早い人もいるのです。

 

治療は継続する必要がありますが、治療薬が必ずしも体に合うというわけでもないので、その点も注意しなければいけません。

 

多くのヒトはエイズになると、近くにいるだけで感染するという間違った知識を持つ人も多く、エイズになった人を嫌がって近づかないと言った事実もあるのです。
エイズに感染されていない人にも、エイズについての知識はしっかりと知る必要があるのです。